09/19/14

オルリファストの効果時間

「オルリファスト」とは、食べても太らない(脂肪を吸収しない)ダイエット薬として有名な「ゼニカル」のジェネリック医薬品です。
この薬には、以下の3点のメリットがあります。
まず1つ目は、主成分「オーリスタット」が脂肪の消化酵素「リパーゼ」の働きを抑制することで、いつも通りの食事をしていても、30%の脂肪分を体内に吸収せずに排出してくれることです。
2つ目は、ジェネリック医薬品なので、「ゼニカル」と同じ成分ながらも安価なところです。
3つ目は、ダイエット目的だけでなく、糖尿病や高血圧症の方にも最適な点です。
この薬は、日本で手に入る医薬品の中でも唯一、中枢神経系に作用しないダイエット薬でもあります。
通常のダイエット薬は脂肪を燃焼させるものですが、これは体内への吸収を抑制する、すなわち脂肪が蓄えられない体内環境にすることが出来るのです。
そのため、効果に個人差が出にくいとされています。
服用方法は1日3回各1カプセルを経口服用します。
これは食事中もしくは食後が望ましいです。
そもそも脂肪は食後3~4時間で吸収されるものなので、オルリファストの効果時間としては、ちょうどこれを阻害する、食後3~4時間と言えます。

09/11/14

オルリファストが安い理由

ゼニカルは、日本では未認可の薬ですが世界中で使用されている肥満治療薬です。
ゼニカルがどうして世界中で使用されているのかというと、必ず効果がでる薬だからです。
それは、ゼニカルの成分には、摂取した油や糖質が体内に吸収するのを防いでくれる役割をしてくれるものが含まれているからです。
通常、食事をして脂肪分などが胃や腸に入るとリパーゼという酵素が働きますが、ゼニカルを含むだけでリパーゼが働かないので脂肪が吸収されないのです。
ですので脂肪の吸収を抑え、カロリーを大幅に抑えてくれるのです。
そんなゼニカルと同じ薬が「オルリファスト」です。
しかしゼニカルと比べオルリファストの価格は大幅に安いのです。
オルリファストが安い理由として、ゼニカルのジェネリック医薬品だからです。
成分は同じなのに安価に作られたジェネリック医薬品であるだけで、安くなるのでお得です。
効果や服用方法なども同じなので、安全性も保障されています。
カプセルの色やパッケージなど違いはありますが、成分が同じなので効果も同じです。
ゼニカルを飲んでいるけれど高くて飲み続けようか迷っている人や、初めて肥満治療薬を試してみようという人におすすめの薬です。